茨城県つくば市へ 首都高速は難所なりけり

Ibaragi-Tsukuba

茨城県つくば市と言えば
昔はガマガエルの合唱が聞こえる筑波山麓の奥地
今では筑波研究学園都市として知られる
今回の目的地は サイエンス大通り と呼ばれる中心部にある大手企業の研究所だ


筑波研究学園都市は交通幹線としての常磐自動車とセットになっている
谷田部インターチェンジを下りれはすぐ近くにある

問題は東名高速道路から間に首都高速道路を通過しなければならないこと
ここは慣れないドライバーには恐怖の道である


最短で行くには都心環状を
やたらと分岐が多くて間違うとあらぬ方に向かうからとハラハラしながら
カーナビ頼りに山道と変わらない曲がりくねった道をクネクネと走ることになる

渋滞がない夜間は慣れた車が猛スピードで容赦なく駆けてきて
車線変更のタイミングを計るのが大変で遅れると分岐がとても危険になる

曲がり道の角度を体で知っている人はブレーキなしで飛ばせても
慣れないよそ者はコワゴワとブレーキを踏みまくる
すると後方からライトが真後ろに一気に迫ってくる

必死の思いで都心環状を抜けたころに少し気分が落ち着いてくる
それでも分岐の多さにあきれる
しかしよく見れば案内標識や路上の文字標識も当たり前にある
経験を重ねればやがて慣れてはくるだろう
とは言え今度いつ来るかわからない
半年後か一年後か3年後か…すぐの可能性も無くはないけど…

なんとか無事に到着
つくば市サイエンス大通りあたりは広くゆったりとしていて
煙が立ち昇ることもなく緑も多く環境は素晴らしく良い
働く人たちは自動車通勤ばかりだから道は広く
企業の敷地には広ーい駐車場

中央環状が湾岸線とつながったことは知っていたので
帰りは湾岸線を東京湾や湾岸地域を眺めながら走ることにした
こっちは道が広く大きな曲線で安全度が全く違う
あわてることもなく標識に従って流れに乗って走るうちに中央環状に合流し
真新しい地下道を気分良く抜けて東名まで
少し遠回りになるけど今後は行き帰りともこちらでと方針を決めました
とにかく 安全に勝るサービスはない のですから


他の記事へはこちらから


笑顔まつもと運送店
(大阪府の赤帽)